150 GS VS1


H1

vs1.JPG

vs1-2.JPG vs1-3.JPG

Matricolareあるとします。

生産開始:1955から001001 VS1T

用語生産:1955 - VS1T 0013300

tab.JPG

力学:

エンジン:ベスパスポーツ六日から派生。 エンジンフレームワーク(ボアのxストローク57 57)。 145.6 ccのエンジンの能力。 偏向器の電源ガソリン油混合物のないドーム型ピストン6%。

キャンドル:なぜなら1 / 6.7の圧縮と回転の数が多いの長い糸と熱グレード240。

キャブレター:直接シリンダーの上側面をパン庭UB 23S3、100メインジェットとジェット50分。

トランスミッション:4速トランスミッション。

ccenzione:フライホイール6極による。 フライホイール内側の特殊コイルを搭載し、外部一次回路と高電圧コイル。

電気システム:バッテリー6 Vと混合-ホーンとライトを養うために12ああ、金属製の整流器で充電。

Frとのition:性能に適合させるために補強され、ディスクは、より大きな直径ならびにスプリングクラッチ組立体の他のすべての要素である。 偶数ギアダンパーが大きくなる。

ブレーキ:リングghisae冷却フィンと軽合金でドラム:フロントとリアには大型と同じ直径を持っている。

COMPONENTS:

フレーム:空気力学的な盾と完全に新しいラインを丸くし、プラットフォームを上げた。

バッグ:ボンネット非常に高く、大規模な、ツール、およびバッテリー用のバッグとして。

フロントフェンダー:アルミでフリーズとラップアラウンド(クレスト)鏡面研磨。

ハンドルバー:灯台大(115ミリメートルD)チューナーと外部伝送ケーブルとアルミダイキャスト。 スイッチは、キーの円筒爪であり、出発接触のために役立つことに加えて、また上のヘッドライトをオンにし、位置灯及び右ロービーム/ハイビーム左に切り替える役割を果たす。 照明の変化はmanubbrioの右側に取り付けられたスイッチに固定された直流電流と、このモデル関数のそのホーンボタンが組み込まれている。

オドメーターは:緑の背景で120キロを登った。

テール:のみ1ポジションランプ(無停止)の正方形。

セッラ:カラビナとドッキング境界乗客との剛性ダークグリーン。

貯水池:大(12 litricompresaの予備容量)キャップを持つだけで春クイックカップリングで停止。

ファロ:Dはクロームメッキリングリングを持つ115ミリメートルは、シェムリアップをマーク。

タイヤ:「ナット14と10本のボルトで固定さ3.50から10タイヤフロントとリアのリム(同一のフロントとリア)。

ブレーキペダル:黒いゴム及び欠いストップスイッチとの長いアルミニウム(必須ではありませんので)。

モーションに設定されたレバー:ロングアルミポリッシュと滑り止めのゴムと。

トリートメント:

クロームメッキ:manubbrioの外側に、リングヘッドライト、ペダルFREN、ツールの四角ナット点火ロックバッグ。

ニッケルマット:ステアリングロック。

亜鉛めっき:三脚スプリングとブラケット、スプリングサスペンションantriore、ナッツ、リム、ホイール、外部のすべてのハードウェア、ワッシャー、ブロック開始。

リン:リアショック、春とブラケット、エンジンボルト。

鏡面研磨:ブレーキとクラッチレバー、ハンドルバーのマフ、運動中にレバーセットは、フロントフェンダーをCREST。

便利なSCHEDULES:

vespa2.JPG

vespa1.JPG vespa3.JPG vespa4.JPG

vespa5.JPG vespa6.JPG